洗面
ミラー&照明
収納
アクセサリー
バスルームの種類
こだわりの住まいづくりを提案するエルシーエーインフィニティ

パウダールーム - 洗面

女性ならば、鏡に向かう場所はインテリアも素敵にしたいもの。
パウダールームをホテルのような素敵な空間にしたいとお考えならば、洗面化粧台は卒業です。

洗面まわりの考え方

洗面まわりの考え方
システム洗面化粧台と違って、ホテルのような洗面コーナーは、収納となる家具にカウンターが載り、そこに洗面ボウルと水栓金具が組み合わさってデザインされています。
更に、ミラーと顔まわりを照らす照明を組み合わせ、壁面のタイルやクロスをコーディネートすると、デザイン性の高い寛ぎの空間になります。

カウンターの種類

人工大理石
アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工素材の大理石です。
加工性や着色性に優れ、美しさ、機能性、メンテナンス性に優れています。
洗面カウンターのみならず、キッチン、浴槽と幅広く使われています。
人工大理石
人造石
天然水晶を砕きビルトインプレスする最新技術により開発された素材です。
水晶独特の輝きと艶やかさがラグジュアリー感を高めます。
表面硬度はダイヤモンドに近く、耐久性と耐熱性に優れています。
吸水率も0.03%と水分の染み込みがほとんどなく清潔で衛生的です。 人造石
ウッドカウンター
天然木に含浸加工を施し、木肌ならではの優しさやぬくもり、木目の美しさを残したカウンターです。
ウレタン塗装で表面をコーティングしているため、水まわりでも使われるようになりました。
積層材でありながら、継ぎ目がほとんど目立たず色模様はどこをカットしても変わりません。 ウッドカウンター
タイル張りのカウンター
お好きなモザイクタイルを張り詰めたり、壁のタイルに合わせてコーディネートしたり、個性的な洗面スペースをつくることができます。 タイル張りのカウンター

カウンターの高さ

テーブルと同じ高さの場合
テーブルと同じ高さの場合スツールを置けば、ドレッサーがわりに。
カウンター下に引き出しを設けると、化粧品が収納できて便利です。
この場合、洗面ボウルはベッセル型のタイプがオススメです。
テーブルの高さと同じカウンターに埋め込みタイプのボウルを設置すると、顔を洗うなどの動作のときに低くなりすぎるためです。
洗濯機をビルトインする場合
洗濯機をビルトインする場合キッチンのような高さのカウンターになります。
その場合、洗面ボウルはカウンターに埋め込むタイプの「アンダーカウンター型」または「オーバーカウンター型」がおすすめです。

洗面ボウルの種類

ベッセル形
ベッセル型 カウンターの上に置くタイプです。
ボウルのフォルムが強調されます。
アンダーカウンター型
アンダーカウンター型 カウンター開口部の下から取付るタイプです。 ボウルはカウンターに埋め込まれるため、カウンター上はすっきりします。
カウンターの小口が見えるので、汚れが付きやすいです。
オーバーカウンター型
オーバーカウンター型 カウンター開口部に差し込んで被せるタイプです。 アンダーカウンター型と同様に埋め込みタイプですが、ボウルの縁がカウンター上に見えるため、デザインが強調されます。
カウンターとの設置面に汚れがつきやすいです。 水栓をボウルの中に配置する事ができるため、カウンターへの水滴が広がりにくくなります。
壁付型
壁付型 カウンターがなく、ボウルそのものを直に壁へ取付けるタイプです。
すっきりした印象になりますが、収納計画が重要です。

水栓の種類

毎日何気なく使っている水栓(蛇口)ですが、ホテルではデザイン性が高いものが採用されているのに注目してみましょう。
そのフォルムは素晴らしく、様々なタイプがあります。
自宅でも水栓だけ取替えることができるので、洗面ボウルにあうお洒落な水栓を探してみてはいかがでしょうか。
背の低いシングルレバー混合水栓
背の低いシングルレバー混合水栓 一番多くみる水栓ですが、そのハンドル部分にデザイン性が表れます。 また、全体のフォルムも角があるか丸みを帯びているか、太いか細いか様々です。 ボウル面に近く、水はねが少ないタイプです。
グースネックなどの背の高い混合水栓
グースネックなどの背の高い混合水栓 洗面ボウルの上に伸びる水栓は存在感があり、デザインのインパクトも大きいです。 ベッセル型のボウルの場合は、背の高いタイプの水栓をあわせます。
2ハンドルのデザイン性の高い水栓
2ハンドルのデザイン性の高い水栓 HOTとCOLDの2ハンドルがついた水栓です。 シングルレバーに比べてデザインの存在感があります。 ご自宅では、給湯器で湯の温度を設定しているため、2ハンドルといっても昔のように湯と水を混ぜて・・・といった手間はありません。
壁出し水栓
壁出し水栓 吐水口もレバーハンドルも正面の壁に取付けられて洗面ボウルまわりがすっきりとした印象となります。 しかし、止栓しようとレバーハンドルを操作するとき、濡れた手から水滴がカウンターに落ちてひと手間かかってしまいます。

Copyright(C) ホテルのように暮らすインテリア All rights reserved.