家具
ウォールカラーとカーテン
照明
インテリア アクセサリー
こだわりの住まいづくりを提案するエルシーエーインフィニティ

リビングルーム - 照明

多灯づかいで落ち着く空間に

多灯づかいで落ち着く空間に
部屋の隅に間接照明を置くことで、壁に照明の光が拡散し、空間に広がりを感じる様になります。ホテルのようなリビングルームを目指すならば、フロアスタンドやテーブルスタンド、壁面のブラケットライトや間接照明などを過ごし方の目的に合わせて組み合わせ、多灯づかいしながら光をコーディネートするのがオススメ。

必要なところに必要なだけの明かりを!
それだけで、毎日の慌ただしい時間をリセットする、ホテルのような寛ぎ空間になります。

スタンドも壁面スイッチでON/OFF

スタンドも壁面スイッチでON/OFF
多灯づかいでスタンドが増えると、ひとつずつスタンドのスイッチをON/OFFする手間がありますが、是非オススメしたいのが、壁のスイッチでお部屋のスタンドをコントロールできる「コンセント連動スイッチ」です。
メーカーでは、家電製品や各種電化製品の電源をこまめにOFFすることで、待機電力をカットするという目的で「こまめにスイッチ」(Panasonic)という商品を出しています。
工事が必要ですが、専用のコンセントとスイッチを配線で繋ぐため、スタンドのプラグをこの専用コンセントに差し込むだけでON/OFFが簡単にできます。
新築やリフォーム工事の照明計画の際に是非検討してみては?
スイッチをまとめておけば、他の照明と一緒に点灯させることができて便利です。

カーテンボックスの上に置く間接照明

カーテンボックスの上に置く間接照明
建築化照明といわれる壁面や天井を照らす照明は建築時に取り付けるものですが、カーテンボックスを利用して後から間接照明を設置することも可能です。
薄型のLEDライトをボックスの上に置き、近くのコンセントから配線をする工事を行います。
蛍光灯タイプもありますが、LEDは約40000時間の寿命のため長く使用できます。
お部屋のスタンド等と組み合わせて、柔らかな光を演出します。

<参考>LEDラインライト:長さ1200mm・高さ32mm メーカー価格¥29,190
Copyright(C) ホテルのように暮らすインテリア All rights reserved.